お問い合わせ
サイトマップ
小豆島温泉 天空のオーシャンビューホテル 海廬

小豆島温泉 天空のオーシャンビューホテル 海廬

  • トップページ
  • 料理
  • 新鮮素材
  • 絶景眺望
  • 温泉
  • 部屋
  • 館内設備
  • 宴会場
  • 周辺観光
  • アクセス
新鮮素材

美しい島々と海の情景に、心まで癒されて…

海に囲まれた小豆島ならでは、新鮮そのものの魚介類を心ゆくまでご堪能ください。

瀬戸内海の魚が美味しいわけ

瀬戸内海のいわし

昔から瀬戸の魚は味が深いことで有名です。

瀬戸内海は浅瀬が多く、海底まで光が届くため、プランクトンが発生しやすい環境です。さらに、四方の山から流れ出た栄養分が溶け込んだ川が多く流れ込んでいるため、魚の餌となるプランクトンや小さな海老・蟹が豊富に育ちます。

豊富な餌を食べ、瀬戸内海の強い潮流の中を泳ぎ回った魚は、身が引き締まり旨みが凝縮された美味しい魚に成長します。

瀬戸内海の自然環境が育んだ魚は、他では食することのできない貴重なものなのです。

鯛 旨さ日本一!

鯛は日本中で水揚げされますが、瀬戸内海のものが日本一と言われています。瀬戸内では昔から良質の真鯛が多く生息し、鯛漁が盛んに行われてきました。

本来、真鯛の味は旨みに欠けると言われますが、瀬戸内の鯛は別格で、関東の有名料理屋さんなどでは 鯛と平目は瀬戸内海ものしか 使わない店も多いようです。

鯛

サザエ 瀬戸内のサザエはトゲがない?!

サザエ

サザエといえば、特徴的なトゲのある貝殻の形が思い出されます。
しかし、瀬戸内海でとれるサザエは、一般的にトゲがありません。

内海の静かな海に住むものはトゲがなく、荒海にいるものは流されない様にトゲで体を支えている、とも言われていますが、まだ完全な理由は分かっていないそうです。

もちろん、味はトゲなしでもトゲありでも変わらないおいしさ!大粒なのも瀬戸内サザエの特徴です。口いっぱいに広がる潮の旨みをご堪能ください。

瀬戸内海の旬

四季折々においしい魚の種類が変わる瀬戸内海。
瀬戸内の海は、他の海にくらべ夏と冬で大きく水温が変わり、この水温の変化の大きさが季節によって魚の種類が入れ替わる原因となっています。
それぞれの季節に旬の魚が味わえる瀬戸内海、特に小魚の美味しさは全国的にも有名です。

瀬戸内海の旬 春
鰆

字の通り春を代表する魚で、外海から瀬戸内海へ産卵のために回遊してきます。「押し抜き寿司」でいただくのが、香川の食スタイルです。他にも味噌漬けや、そら豆やフキと煮付けたり、白子の味噌汁などもおすすめです。

もちろん、刺身や焼き物・酢の物など、定番の料理方法でも美味しくいただけます。

鰆
瀬戸内海の旬 夏
まながつお
まながつお

梅雨入りのころ、瀬戸内海へ産卵のために回遊してくる魚で、大きいものは50cmを超えますが通常は20~30cmの大きさです。 肉質が非常に柔らかくクセのない味なので、焼き物(塩焼・照り焼き)や煮魚など、多種多様な調理法で多くの人に好まれる魚です。 なかでも味噌漬けは絶品のおいしさと言われます。

瀬戸内海の旬 秋
クロダイ

強い引きをすることから、釣り人に人気の魚。 50cmを超える大きさになるものもあります。 刺身や塩焼き、煮付け等が一般的な調理法ですが、香川の郷土料理としてはタイ飯と同様の調理法で炊き込む「チヌ飯」や、 焼いた身をほぐして焼き味噌と混ぜてだし汁でとき、ご飯にかけて食べる「さつま」が有名です。

クロダイ
瀬戸内海の旬 冬
はまち
はまち

成長とともに名前が変わる出世魚です。 昭和初期に香川県引田(ひけた)市で日本初の養殖に成功し、その史実から県の魚に指定されました。 脂の乗った時期の活きのいい刺身が一番ですが、しゃぶしゃぶにして味わうとまた違った味わいで、脂の美味しさを堪能できます。

プラン一覧へ

コンテンツ
トップページ 料理 新鮮素材 絶景眺望 温泉 部屋 館内設備 宴会場 周辺観光 アクセス
  • お問い合わせ
  • かいろのブログ
このページのトップへ